So-net無料ブログ作成
検索選択
集中力 ブログトップ

集中力トレーニングの裏づけ [集中力]

 ・・・先日はアップロードがうまくいかず、不具合が生じてしまいました。お詫びいたします・・・

 

○どのようなことが問題となっているか

 運転していて集中力が途切れがちになる。注意が散漫になる。気が散る。

 気がつくと他の事を考えている。目の前のことより先のことに思い巡らしている。

 ひとつの方向ばかりに注意が行くが、他方が疎かになる。あれもこれもで混乱してくる。

 緊張しすぎ、リラックスできない。

 沢山のことを一度にやろうとして混乱する。

 何をすればいいのか分からなくなる、不安の状態。

 

トレーニングの効果

 緊張、焦り、不安、プレッシャーなどの情動をコントロールできる。

 集中しようとするものにすぐ目が向けられ、周囲の雑音から影響を受けにくくなる。

 重要度、優先順位をつけることができ、能力を十分に発揮できる。

 自分の意識レベルをいつも把握でき、必要なときに集中力を高められる。 

 

イメージトレーニング

 狭いところ・・・電柱、看板、店のテントが出っ張っている。上下左右、後方にいつも目が行っている。

 人ごみ・・・・人や老人、おばさん、自転車が目の前に。車の前後左右にいつも目がついているように。

 交差点・・・対向車、死角、自転車、バイク、歩行者。落ち着いて冷静に目を配り、

        いつでも待てるよう、ゆっくり進める。

 長い道のり・・・ボーっと、反応遅れ、居眠り。連続運転では市街地と同じく注意力を維持し、

          周りの状況に目を配っている。

 

 どのようなところでもすぐ捉え、対処が出来、無事に行けているイメージをより具体的に描く。

 

○方法の分類

 集中力トレーニングは、スポーツ選手のイメージトレーニング、子供の学力向上、速読法などの分野で使われている。

 凝集法・・・・・・・一つの点などに注意を集中させ、より長く持続することで能力が高まる。

 残像法・・・・・・・・・しばらく見つめた後、目をつぶり瞼に出来るだけ長い時間残す。

 妨害法・・・・・・・・・騒がしいところ、大声、目の前で動いたりされても、集中を維持する。

 過剰学習法・・・・・予想される場面を想定して、十二分に練習しておく。

 自己分析法・・・・・どんな時に、どのように注意が逸れやすいのか、分析する。

 

○集中力の働き

 注意を集中する能力・・・注意の範囲を狭くして、一点に集める能力。

 注意を払う能力・・・注意の範囲を分散し、注意の全体、より多くの情報を取り入れようとする。

 気が散らされることを避ける能力・・・余計な情報を一切排除し、集中を極限にまで高める能力。

 

 内的集中・・・・・・集中の対象が心の内面にある。

 外的集中・・・・・・五感を通して外の世界に向けられる。

一点集中   と  分散集中・・・・・・・この二つをスピーディに切り替えることでスポーツが出来ている。

 

○集中力を高める神経伝達物質

 TRH(甲状腺刺激放出ホルモン)、ドーパミンが作用して脳を覚醒させ、集中力を高めている。

 ドーパミンは時間を忘れ、何かに没頭しているときに分泌される。

 やる気が出ないときは、やり始めてみることでTRHが分泌されるという。

 

○個人差とトレーニング

 人により集中力は15~90分といわれている。

 自分にはもともと備わっていないと思う人もあるが、トレーニングすることによってだんだん長くなっていく。

 なかなか集中できないという人は、緊張、雑念、疲労、周囲の雑音、夢中になるものがない、無理にやろうとしている、消極的な考え方、などが影響していると推測される。

集中→休み→集中→休み   自分のやれる時間でこれを繰り返していくこと。

 

○必要なもの

 ①リラックス、睡眠、三食摂る、適度な運動、入浴、気が散るので整理整頓。

 ②やる気を引き出す・・・好奇心、目標、報酬

 ③成功のイメージづくり・・・・(やり遂げた自分をイメージする)

 ④何のためにやるのか、目的を明確に

 ⑤責任を明確にする・・・・自分がやらなければ

 ⑥時間を明確にする・・・60分→5分→60分    ダラダラやらない

 ⑦最終期限を明確に・・・一日の終わり(車を車庫に納めるまで)

 好きな点、興味がある要素を見つける。

 小さな目標を設けて、達成感を得やすくする。

 『楽しむこと』こそ集中するときの底力となる。遊びに夢中になっている時のように、集中してみる。

 

・・・・・以下のページを参考にしました・・・・

 ただし閲覧は自己責任!でお願いします。

 

やる気を引き出し、集中力を育てよう! -healthクリック 

集中力をアップさせる方法 

集中力は誰もが持つビッグパワー -healthクリック

集中力を発揮できるようになるためには

1分間残像記憶トレーニング

集中力をめましょう_women-life.com 

集中力

 

 

 

 

 

 

 

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

やっぱり集中力です。 〔2〕 [集中力]

インターネットで検索してみると、集中力を高める方法はいろいろあるようです。
スポーツ選手のイメージトレーニング子供の学力アップ、速読法などで使われています。

集中力が高まるにしたがって、個人の能力開発や精神力トレーニング、気が散ったり雑念から自由になれたり、成功への方向付け、前向きに自信がついてきたりと、さまざまな効果があるようです。

集中力、集中力トレーニングをキーワードに、インターネットで検索してみてください。〔参考まで〕

やり方は簡単で、特にお金のかかるものではありません。
私の子供のころにやっていた方法は、うす暗いところでロウソクの炎をじっと見つめてみたり、
紙にマジックで丸い点を描いて、薄目を開けてずっと見続けるなどです。何でも良いようです。

これは視野の広い範囲を、一気に一点まで凝集することにより研ぎ澄まされた感覚になることが
出来ます。まずは体験してみてください。

人には本来、集中する能力が備わっているといいます。持っている能力を十分に発揮するために
少しずつ開発していきましょう。

運転に集中するとは、今走っている目の前の状況と車の四隅に意識を置いて、
前後左右に注意を配ることなのでしょう。

そのためには研ぎ澄まされた感覚を持って、周囲に目を配ることが必要になってきます。
全体の状況を捉えながら、個々の部分に焦点を当てること。

こんなトレーニングがあります。
マス目の中に1から50まで不規則に並んだ数字の表を作り、〔A4くらいの大きさ〕
1から順に大きな数へと、レ点でチェックしていきます。1.2.3.4.・・・・・・50
パターンの違うものを出来るだけ多く作ってください。
一分間でどれだけチェック出来ますか?

繰り返しやっていると、たくさん出来た時と、出来ない時があるのに気がつきます。
気が散っていたり、イライラしてると、思うように出来なくてじれったくなります。
疲れていたり、眠たかったりすると、なかなかはかどりません。
そうです、今日の自分の状態もチェック出来てしまうのです。

やればやるほど早くなってきますので、毎日練習してみてください。
そしてその感覚を自分のものとしてください。









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ニュース

やっぱり集中力です。〔1〕 [集中力]


<だいすけ君です>

集中出来ていない時の運転は、我ながら怖いものです。

どうも集中力が続かない
注意が行き渡らない
目の前の状況について行けない
すぐ考え事が浮かんで来る
気が散って注意散漫になる
イライラして落ち着かない
面倒くさくなる
ボーッとして運転に身が入ってない

いつもは無事に運転出来るのに
こういう時は自分の感覚が変わっている事に気がつきます。
いつもやっている事が、少しずつズレてきているのが分かります。

こういう時は見落としが多くなり、それにともなって対処も遅れてしまいます。

自分の状態に気がつけば、慎重な運転に切り換えてみたり、
ゆっくり走るなどの対処が出来るのですが、
それすら気がつかないまま、走ってしまう事があります。

皆さん、今の状態は大丈夫ですか?

日頃から自分の状態に目を配っている人なら、いつもとちょっと違う感覚には敏感でしょう。
ところが、そういう感覚に無頓着な人は、何かあっても気にしません。

気分に対するコントロールはゆるんでいますから、
勢いに任せて荒い運転になったり、
やる気がないとダラダラ運転になったりします。

自動化された機械の如くに走り続けてしまう。
このような時が一番リスクが高くなるでしょう。

しかし、集中力は鍛えるものです。

ともすると自分の力ではどうしようもないように感じますが
決してどうしようもないことはありません。

自分の力で変えていくことが出来ます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
集中力 ブログトップ