So-net無料ブログ作成
検索選択

ブレーキとアクセル踏み間違いって何なの? [事故防止]

アクセルとブレーキの踏み間違い

高齢者のアクセルとブレーキの踏み間違い事故が、世の中を賑わせています。筆者は一般高齢ドライバーのことが専門外なので書かずに来ました。しかしこれだけ多く起これば社会問題ですよね。

そこで少し調べてみると、アクセルとブレーキの踏み間違いというのは高齢者に限らず、若者にもあることが分かりました。若者や初心者、不慣れな車に多いそうです。ニュースにならないだけのようです。

自分の踏んでいるペダルがアクセルなのか、ブレーキなのかの判断が出来ないことで、止まるべきところでアクセルを踏み込んでしまい、まずいと思ってさらに踏み込んでしまう、という事のようですね。

事故を起こした本人の弁によると『踏み間違えたことで、余計にあわてて踏み込んだ』というのがあります。あわてると判断力を失うようですね。

こういう人にはどんな対応が出来るでしょうか。予測すると事故頻発者ではないようです。普段は安全に運転できている人か、または小さな事故を何度か起こしているのかも。

いずれにしても、歩行者を何人も巻き添えにする事故を起しているのですから、何かしないといけません。

高齢者になると、ある時に突然、体調が悪くなることがあります。そのような時に判断ミスが起こるとすれば。認知症ばかりが言われますが、必ずしもそれだけではないと思います。

高齢者の講習が義務付けになっていますが、あわてると判断力を失う人にどのような講習が出来るのか、不明です。安全運転の知識がない人や運転態度に問題がある人には勉強してもらうことで、改善が期待できますが。

もしできるとすれば、重複反応検査のように、例えばバラバラに複数の刺激を提示して、右手、左手、右足、左足をそれぞれ違う条件の中で反応させるテストがあります。

高齢になればなるほど複雑な課題は苦手です。これをやってもらう中でワザとあわてる状況を作り上げ、自分の限界を知ってもらう。またゆっくりでも冷静に正確に操作するよう練習してもらう、などが考えられます。これは仮説の域を出ませんが。

しかし『あわてるとペダルを踏み込んでしまうというのなら、踏み込めなくしてしまう、というやり方が一番良いように思います。要するにアクセルペダルを足から手の操作にすることです。

バイクのようにハンドルグリップを回す方式にすれば良いのではないか。障害者向けにこんな車がありますよね。これなら自動運転車よりも簡単なはずで、既存車の改造もより簡単にできそうです。

あしで踏                          

足で踏んで良いのはブレーキだけ、とすれば、あわてようが間違えようが歩行者に危害が及ばなくて済みそうですね。

自動車メーカーに、高齢専用車として早く作ってもらいましょう。

高速道路の逆走

400件近い高速道路逆走事故の7割は高齢者によるものだそうです。PAには大抵の場合順路が路面に書いてあり、逆方向に出ようとすると、路面の表示や標識によって気が付くはずですが、事故を起こした高齢者は、それにも気づかないことになります。

ならば、という訳ではありませんが、強制的に止めるしかありませんね。ETCを通過する時のあのバーを設置して逆走できないようにするしかありません。さすがにバーにぶつかって壊れれば気が付くと思いますから。

400件近い

歩行者の列に突っ込む

そしてもうひとつ、通学中の小学生や中学生の列に車が突っ込むという事故があります。薬物やてんかんの影響などを別にすれば、普通では考えられないことです。

筆者が予測すると、ボーっとしている、考え事をしている、よそ見の時間が長い、目には映っているが回避動作が出来ない、などが考えられますが、高齢者は認知、判断、操作のすべての段階で遅れが目立ちます。

歩行者の列に接近しているのに気づくのが遅れ、あわててブレーキを踏んだつもりがアクセルだったら、最悪の結果になってしまいます。

このレベルの運転に対する対応策は、というと、何もありません。このような人には本来運転免許は与えられないからです。

最後に出来ることは、車にセンサーを取り付けて、人や車、構築物に近づくと強制的に止まるようにするしかないと思います。

こうして書いてくると高齢者のことを、ダメだダメだと言ってしまうようで気が引けてしまいます。ただ、高齢者であっても事故を起こさない人たちは沢山いる訳です。

高齢の職業運転者は、事故を起こさないことで定評があります。

事故を起こす人は、高齢者全体の中のごく一部であることも強調しておきたいと思います。

                      Youtube動画


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。