So-net無料ブログ作成
検索選択

ぽかぽか陽気にご用心 [事故防止]

3月になった途端、ぐんぐん気温が上がって、すっかり春の暖かさがやってきました。

ここでは3月に桜が咲くことは珍しいです。

今年の冬は特に厳しい寒さだったから、思わぬプレゼントのようですね。

春うららと、春眠暁を覚えず、猫ものんびり日向ぼっこ、

ところで皆さん、この時期に特有の事故があるんですね。ご存知ですか?

身体の動きが悪く、何だかだるい。

疲れが取れない、

じっとしているとすぐ眠たくなる、単調な運転だと眠ってしまう。

そうです、ボーッとして前の車が減速しているのに気付かず、ブレーキが遅れて追突。

昼食を食べた後に一本道や高速を走っているときは、特に注意です。

なぜこの時期に身体がだるくなるのか?筆者も関心があったので、ネットで調べてみました。

〇 平均気温と日照時間が増えるから

2月まで高くても10°程度だったのが、急激な気温上昇が起こり、一気に20°前後まで上がること、そして三寒四温というように寒暖の差が大きくなること。日照時間もどんどん増えていく時期だそうですね。

こうなると外の変化に適応するために、身体に負担がかかってくる。寒い時期は交感神経が活発に働いて身体を守っているが、暖かくなると副交感神経が優位になり、リラックスモードに入るという。

春は交感神経と副交感神経が入れ替わる時期であり、どうしても不安定になるということです。

積み下ろしでひと汗かいた後や昼食の後、時間でいうと14時から15時くらい。

もう20年も前のことですが、海沿いの16号を走っていました。3トン車で市原の京葉工業地帯を抜けて木更津までです。

昼下がりのポカポカ陽気で良い天気。見渡す限り、グリーンベルトと大きな工場施設ばかり。ここまで来ると混雑しないから、楽にスイスイ走れます。

はるか前方の信号が赤に変わり、ゆっくり減速しながら停止位置へ。

しかし止まる寸前で後ろからドーン!

前に押し出されたようになったものの、前車への追突は免れました。

後ろのステップにぶつかって、鉄の部分が曲がってしまいましたが、身体は無事。

見ると黒塗りの自家用車。ボンネットがへの字に曲がっている。ラジエーターから水が漏れて走行不能状態。

運転のおじさんは、眠たくなってうつらうつら。ハッと思った時は目の前にトラックが迫っていてブレーキが間に合わなかったといいます。

こんなことにならないように!

日頃、このブログをお読み頂きまして、ありがとうございます。

ドライバーさん、交通事故防止の関係者を想定して、今までの自分の経験や感じたことなどを書いてきました。

事故防止に、少しでもお役に立つことが出来れば幸いです。

皆さんは、どのように感じられたのでしょうか。

質問やコメントなどがあれば歓迎します。内容も充実してくると思います。


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 1

cargo

フェラガモ靴、ミュウミュウバック、ルイビトン財布、・・・立て続けにコメントを投稿してきましたが、記事内容に言及がなく、ただ褒めるだけ。おかしいと思い名前欄をクリックしたら、商品紹介ページに行ってしまいました。このブログはあなたの営業活動に協力する理由など何もありません。即刻削除しました。
by cargo (2013-07-08 01:05) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。