So-net無料ブログ作成
検索選択

やっぱり集中力です。 〔2〕 [集中力]

インターネットで検索してみると、集中力を高める方法はいろいろあるようです。
スポーツ選手のイメージトレーニング子供の学力アップ、速読法などで使われています。

集中力が高まるにしたがって、個人の能力開発や精神力トレーニング、気が散ったり雑念から自由になれたり、成功への方向付け、前向きに自信がついてきたりと、さまざまな効果があるようです。

集中力、集中力トレーニングをキーワードに、インターネットで検索してみてください。〔参考まで〕

やり方は簡単で、特にお金のかかるものではありません。
私の子供のころにやっていた方法は、うす暗いところでロウソクの炎をじっと見つめてみたり、
紙にマジックで丸い点を描いて、薄目を開けてずっと見続けるなどです。何でも良いようです。

これは視野の広い範囲を、一気に一点まで凝集することにより研ぎ澄まされた感覚になることが
出来ます。まずは体験してみてください。

人には本来、集中する能力が備わっているといいます。持っている能力を十分に発揮するために
少しずつ開発していきましょう。

運転に集中するとは、今走っている目の前の状況と車の四隅に意識を置いて、
前後左右に注意を配ることなのでしょう。

そのためには研ぎ澄まされた感覚を持って、周囲に目を配ることが必要になってきます。
全体の状況を捉えながら、個々の部分に焦点を当てること。

こんなトレーニングがあります。
マス目の中に1から50まで不規則に並んだ数字の表を作り、〔A4くらいの大きさ〕
1から順に大きな数へと、レ点でチェックしていきます。1.2.3.4.・・・・・・50
パターンの違うものを出来るだけ多く作ってください。
一分間でどれだけチェック出来ますか?

繰り返しやっていると、たくさん出来た時と、出来ない時があるのに気がつきます。
気が散っていたり、イライラしてると、思うように出来なくてじれったくなります。
疲れていたり、眠たかったりすると、なかなかはかどりません。
そうです、今日の自分の状態もチェック出来てしまうのです。

やればやるほど早くなってきますので、毎日練習してみてください。
そしてその感覚を自分のものとしてください。









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。